患者さまへ

機能的脳神経外科

症候性てんかんに対するモニタリングを併用した焦点切除術,三叉神経痛・顔面けいれんに対する微少血管減圧術,またバクロフェン髄注による痙縮の治療もおこなっております。

ページ上部へ戻る