患者さまへ

脳腫瘍

良性脳腫瘍

髄膜腫の手術では可能であれば術前に脳血管内手術により栄養血管を塞栓することで、手術中の出血量を最小限にするように心がけています。また、髄膜腫周囲のくも膜をできるだけ温存し、腫瘍の全摘出および、周囲脳への侵襲を最小限に抑えるように最大限の注意を払っています。
術後は早期離床・早期退院を心がけております。

悪性脳腫瘍

主に神経膠腫(グリオーマ)、髄芽腫、胚細胞性腫瘍、脳悪性リンパ腫に対し、的確に診断し、脳腫瘍治療ガイドラインに則ったエビデンスに基づく一貫した治療方針で診療を行っており、山陰地区を中心に多くの患者さんの紹介を受けています。

手術における複数のモダリティーを使用した腫瘍摘出(マルチモダリティー手術)と多角的治療

手術による腫瘍摘出においては脳機能の温存を重視して行っています。ニューロナビゲーションシステムやフェンス・ポスト法を利用して後遺症を残さずに最大限の腫瘍摘出を心がけています。さらに、運動野の同定には拡散テンソルイメージングによる運動神経の走行確認や体性感覚誘発電位、運動誘発電位などモニタリングしながらの手術や、言語野近傍の腫瘍に対してはfunctional MRIや覚醒下手術をルーチン化しています。手術摘出標本は迅速診断を病院病理部と提携し行い、迅速病理診断を実際の手術摘出方針の参考にしています。また、手術後は放射線(時に定位的放射線治療)、化学療法、免疫療法を多角的に組み合わせることにより、QOL の高い状態での治療を継続しています。

神経膠腫(グリオーマ)における遺伝子解析とテーラーメード治療

以前より神経膠腫の発生には様々な遺伝子異常が関与していることが知られていました。最近では化学療法や放射線療法の治療効果に関与する遺伝子異常も報告されています。神経膠腫の術後の化学療法や放射線療法の選択には、手術で摘出した腫瘍組織より遺伝子を抽出し、遺伝子解析結果より患者さん各々に最良の治療法を選択するテーラーメード治療を行っています。特に悪性神経膠腫の標準的治療で使用する抗癌剤であるテモダールの治療効果に関与するMGMT遺伝子の異常に関しては、MSP法と免疫組織学的染色で評価を行っています。その他、神経膠腫で多く報告されている腫瘍の進行や予後に関与するがん遺伝子やがん抑制遺伝子の異常も解析しています。

悪性脳腫瘍1

ニューロナビゲーション とフェンス・ポスト法による手術プラン

悪性脳腫瘍2

MSP法によるMGMT遺伝子異常の解析

ページ上部へ戻る